犬と猫とひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS あっぱれユイちゃん

<<   作成日時 : 2016/10/16 15:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ユイ
画像
1997.7.7生まれ
2016.10.4永眠 19歳と3ヶ月



秋頃から初夏あたりまで食器棚の上が寝床
真夏(エアコンが稼働される時期)はソファが寝床になるユイ達
今年もお盆を過ぎたあたりに食器棚でくつろぐようになったので
あぁ秋になるんだな、って見てた

それが1週間もしないうちにまたソファで寝るように

なんだろ、暑さがぶり返すのかな、なんて見てたら
そのあたりから粗相をするように

9月中旬頃には部屋中シーツを敷いてどこでもどうぞ状態

年齢的に衰えてもしょうがないころだし
さてこれからどうしようか(匂い問題)と思っていた
フラフラしてるけどご飯も食べるし水も飲めるし
長いスパンで対策を考えなくちゃ、と

が、下旬頃には、あ、そろそろ行くんだな、ってわかった

10月 水さえ飲まなくなった
2日ただじっと寝ているようになった
3日少しずつ体が冷えていくのがわかった
でも撫でると反応を返してくれた
4日午前撫でてもただただ眠っていた
午後3時ごろ深い眠りについた


見事だねぇ
こういうのを仕舞支度っていうんだろうな、って
ただただ、えらいねぇ、すごいねぇ、って声をかけた








元々ノラ出身
ユイの母猫はシャーシャーいう割りにご飯はペロッとたいらげて
いつの間にかユイを置いてどこか行ってしまった
どうしようか悩んで放置してるうちにこれまた妊娠
おそらく父であろう たぬ とユイと生まれた美里を
カニカマでつって強引に家に閉じ込めて家のコにした

そのせいか、ユイちゃんだけはカニカマを食べなくなったw

抱っこなんて無理、撫でることさえできなかった
(無理に捕まようとしたりさえしなければ、シャーとは絶対言わない)

ワクチンの連れていく日は数日前からケージを出してスタンバイ
当日一度でも捕獲に失敗すると数日は無理なので一発真剣勝負(`・ω・´)
そしてワクチンのあとは数日姿を見れず;;

ここ数年、おそらく目も見えてない状態、耳も聞こえてない状態、
それでやっと撫でられようになった(でも触られた途端逃げるけどw)

それでも家から逃げずに留まってくれたってことは
それなりには居心地良かったってことかな、なんて
自分を慰めている



ユイちゃん
まっすぐ寄り道せずまっすぐ行けた?
行けたよね、大好きなゴンや たぬ が待っててくれてるもんね

美里ちゃんが目を覚ますとユイちゃんを探してるのが辛いけど
元気にしてるよ
大丈夫だよ
行った早々わるいけど、美里ちゃんを見守ってあげてね
お願いね





ありがとう










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク




Platina Jazz
vo.ニクラス・ガブリエルソン
ようつべカスタマイザ


Thank You

少し愛して
長〜く愛して
東北



あっぱれユイちゃん 犬と猫とひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる