犬と猫とひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 始まりと終わり

<<   作成日時 : 2011/08/08 12:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

10年前の今日

2001年8月8日ラピラ誕生
そして
2001年10月6日うちのコになった


画像

先代エア・ルーシーを亡くして1年以上
家で仕事をしていることを言い訳に、ほとんど引き篭もりしてた
ふと、このままではダメだ、と思い立ち
雑誌「愛犬の友」を買いに行く

2001年10月5日
子犬情報欄に掲載されていたブリーダーS氏に連絡すると
既にS氏の元に子犬はおらず、ラピのお里Y氏を紹介される
早速電話をかけてみると、残すつもりの女子2&男子1とのことで
後日連絡をくれることになった(奥様が可愛がっていた)
ウチに託すことになったと、連絡をもらったのがその日の夜

翌6日、早速お里へラピを迎えに車を走らせた


お里からの我家までの道のり
降ろしても降ろしてもよじ登って来た
可愛い可愛いラピラ





2011年7月25日 私の腕の中で息を引き取る

画像
凛として・・・



25日夜8時、流動食をシリンジで飲ませる
ずっと出っ放しだった瞬膜が一瞬戻って
いつもの可愛い瞳になった
「あ、元気になれる!」
その瞬間、そう思った

風呂にはいって、8時半ごろ様子を見に2階へ
変わらずゴロゴロしてる
9時ごろ何となくンチの臭いがしたが
階段下へ嗅ぎに行っても臭わない
気のせい、と思って夕飯の準備を続ける
9時20分ごろ2階へラピを迎えに行くと
量的には少しのンチなのだが
それから逃れようとしてなのか体を動かし
床に、のばしてしまっていた

「これはこれは・・・ちょっと(体には)きついけど
お尻とアンヨはシャンプー決定、がんば」
「ったく、ンチは教えてって言ったのに」
いつものように、小言を言って
いつものように、ぺしぺしして
とりあえず体と床を軽く拭き

9時30分ごろ ラピを抱え1階へ

体にチカラがはいらずズルズル落ちてしまうラピ
(思いおこせば、2階に居たときから呼吸は荒かったが
ここのところずっと鼻づまり状態だったし
食べてないからチカラも出ないよな、と
深く考えてはいなかった
いや、考えないようにしてたのかもしれない)

1階の部屋に入って
「ほいっ、一旦おんり(降りて)」
そういって、ラピの後足を床につけた瞬間
ラピは大きな息をしてガックリと全身のチカラを抜いた

多分、私は何が起きたのか瞬時に理解できたはず
それでも普通に話しかけていた
「おいおい、まだだって」
「ちょっと待って、拭くから、準備するから」
「ネンネしてて」
そしたら、また息をしてくれるような気がして・・・




前日も、ンチするって
手だけでトイレに這いずって行こうとしてたラピ

すごいよ
すごすぎるよ

バッチィからママが迎えに行ってキレイキレイするの
待ってたんだね


ごめんごめん



ママさ、思うんだけど
ママ、自分の腕の中で
ラピちゃんの最期をしっかり受け止められたから
だから
今こうやって結構強くいられるのかもしれない

最後までママのこと心配して
こうしてああして、って考えてくれたのかな
ラピちゃんのことだから
きっとそうだ







ラピちゃん
ママは大丈夫
パパも大丈夫
チビ達もたぬ達も元気

だから
お空のうえのみんなにちゃんと挨拶して
体をうーんと休めて

そしたら
そしたら
また
戻っておいで

それとも
フラフラあちこち散歩しながら
そっちで待っててくれる?


どっちでもいいよ

だって

ラピラはずーっとずーっとずーーーっと
ママのコだから









テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク




Platina Jazz
vo.ニクラス・ガブリエルソン
ようつべカスタマイザ


Thank You

少し愛して
長〜く愛して
東北



始まりと終わり 犬と猫とひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる